マンダリン アリュール・スタッフブログ
静岡県浜松市のゲストハウスウエディング結婚式場

フランス料理

マンダリンアリュールスタッフブログをご覧いただきありがとうございます、本日のブログは厨房から江頭がお送りさせていただきます!

本日はフランス料理についてお話をさせていただこうと思います。結婚式の披露宴においてゲストの方々へのおもてなしとしてフランス料理を振舞われることが多いのですが、私たち日本人がフランス料理を振る舞うのは何故だろうと疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

統計によると約50%の割合でフランス料理を振る舞うそうです。最近ではご高齢の方や食べ慣れないフレンチを食べやすくするように和食のテイストを入れた和洋折衷も人気があります。

フランス料理とは普段馴染みがなく高級なイメージがありナイフフォークが並んでいて普段と違う”特別”な食事という印象を持ちますよね。

フランス料理はとても長い歴史のある伝統料理です。
16世紀ごろ料理先進国であるイタリアから伝わり宮廷料理として発展しました。19世紀ごろ寒いロシアの地でも温かいまま召し上がれるように1皿ずつ運ぶようになったそうです。

料理人が想いを込めて王族に用意した”究極のおもてなし料理”がフランス料理になります。それは現代でも変わらず世界的に正式な席ではフランス料理が流儀なようです。

日本にフランス料理が伝わったのは、約150年前。
そして広まったのは昭和に入ってからになります。

昭和45年の万博をきっかけに日本でのフランス料理が人気になり有名ホテルのフランス料理のシェフが活躍し、美食家達から急速に広まったと言われています。

その後”派手婚”がテレビで中継されるなど、有名ホテルでの結婚式がステータスとなり、”結婚式=フレンチ”が定着しました。

つまり披露宴でフランス料理が多いのは、正式な”来賓のおもてなし方法”の余韻で今でもフレンチが主流であるからです。


ここマンダリンアリュールでは自慢のコース料理を季節ごとにシェフがメニューを考案しご提供させていただいております。
そこでおふたりには事前に「試食会」にご参加いただき、結婚式当日に振る舞われるお料理を召し上がっていただきます。
その後、シェフとの細かいお料理打ち合わせを行います。

おふたりの大切な方々に振る舞う最高のおもてなし。
アレルギーや苦手な食材の配慮はもちろん、お子様のお料理やご高齢の方にあったお料理等ひとつひとつ丁寧にご提案、ご相談をさせていただきます。

おふたりとおふたりの大切な方々の最幸の一日を厨房からお届けさせていただきます。





マンダリンアリュール 江頭 りお

静岡県浜松市の結婚式場・ゲストハウス
マンダリンアリュール

浜松駅徒歩5分
洗練された邸宅を1組で貸切
上質な結婚式が叶う場所

■公式サイト
先輩カップルの挙式レポートや
お得なキャンペーン・プランなどはこちら
https://www.mandarin-allure.net/

■試食付きブライダルフェア開催中
https://www.mandarin-allure.net/bridal_fair/
フェア・見学専用ダイヤル:053-458-2288

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/mandarin_allure/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です